事務の仕事はさまざまですが、中でも貿易事務の求人は近年注目の仕事です。言語力が活かせ、やりがいも大きいため、その人気はじわじわと高まっています。事務職のステップアップ先としても人気の貿易事務の仕事についてご紹介します。

貿易事務の仕事内容とは

貿易事務とは、その名の通り貿易に関する事務作業を担う仕事です。国内外への商品の輸出入にはさまざまな手続きが必要になり、こうした事務手続きを行うのが基本的な業務となります。 仕事内容は幅広いですが、大きく「輸出業務」と「輸入業務」の二つにわかれます。 まず、輸出業務は、通関書類の作成や、配送の手配、倉庫の確保などの業務がメインです。また、輸入業務に関しては、関税や消費税の納付手続き、商品の納品管理などを行います。 海外とのやり取りを行うことも多く、語学力が求められる仕事です。電話対応、メール対応など、やり取りの方法はさまざまなので、外国語での会話能力と文書作成能力の両方が不可欠になります。 もちろん、貿易に関する専門的な知識も必要となるため、事務職の中でも求められるスキルのハードルは高いです。

貿易事務に求められる資格

一般的に事務職は未経験でも就職しやすいと言われていますが、貿易事務は全くの未経験では難しい場合がほとんどです。そのため、未経験の場合は貿易事務に関する知識や資格を持っていることが必須です。国家資格である通関士の資格は面接時にアピールできるため、この仕事を目指すなら取得しておくべきでしょう。 また、語学力が要求される仕事なので、TOEIC600点以上の成績や、ビジネス英語検定などがあると役立ちます。 特に英語のスキルは重要視されることが多く、未経験者であっても英語の能力が評価されて貿易事務の仕事に就けたという方もいるので、応募の前に身に着けておくことをおすすめします。

貿易事務の平均年収は?

貿易事務は輸出入に関する専門的な知識や語学力が必要となるため、事務の仕事の中でも平均年収は高めです。30代の職員で平均年収は400万円から450万円前後といわれています。能力や経験、役職の有無によっては年収500万円を超える場合もあり、事務職の中ではかなりの高給が期待できます。 未経験からでも就職しやすい事務職からのステップアップ先としても人気が高く、スキルを磨いてから貿易事務に転職したいと考えている方も多いようです。