就職先として人気の高い秘書の求人は、実は事務職の一つです。企業の幹部を補佐する大切な役割を担う秘書ですが、その仕事内容は一体どのようなものなのでしょうか。憧れの職業でもある秘書の仕事内容についてご紹介します。

秘書の仕事内容とは?

秘書の仕事内容は、主に企業の幹部や、医師や弁護士などの重要な役職を担う人物の補佐をします。秘書として補佐する相手によって「企業秘書」「医療秘書」「議員秘書」など様々な種類があります。相手の仕事や役職によって仕事内容も多少変わりますが、基本的には補佐する相手が本来の業務に集中できるように、それ以外の雑務などを一手に担う仕事です。 秘書の手腕が最も活きるのが、スケジュール管理業務です。効率の良い仕事ができるようにスケジュールを組み、アポイントなどを振り分けます。出張がある場合は、移動手段や宿泊先の手配も秘書が行います。 また、電話やメール、来客の対応も行いますので、上司の代理、会社の顔として恥ずかしくないビジネスマナーやコミュニケーション能力が必要です。 さらに、上司が仕事しやすい環境を整えるため、情報取集やオフィスの整理整頓なども大切な仕事の一つです。会議に使う資料作成だけでなく、上司に役立つ情報を収集して提供することや、仕事を円滑に進められる空間づくりも求められます。 秘書がいれば、余計な仕事をしなくても大丈夫と思わせるのが、良い秘書の条件です。

秘書の仕事に役立つ資格

秘書になるために必要な資格は特にありませんが、秘書の求人は人気なので、就職を有利にするために資格を取得している方は多いです。秘書を目指すために役立つのが「秘書技能検定」や「CBS検定」など、秘書としての能力やビジネスマナーに関する資格です。絶対に必要というわけではありませんが、秘書を目指す方のほとんどが取得しているといってもいいほど人気なので、秘書を目指すなら是非取得することをおすすめします。

秘書の平均年収は?

秘書の平均年収は未経験者と経験者で大きく差があります。未経験者の場合、平均年収は250万円から350万円未満とされています。経験者の平均年収は500万円程度ですが、実力のある秘書はそれ以上の年収を稼ぎだすことも十分可能です。国政に携わる有名議員の秘書などは、年収1000万円を稼ぐこともあります。 秘書としての自分の能力次第で高収入が目指せる仕事なので、やりがいを求めたり、ステップアップを目指したい方におすすめの仕事です。