学校事務の求人は、事務の仕事の中でも比較的目立たない仕事です。事務というとやはり企業で働くイメージが強く、学校事務の求人は見逃されがちです。しかし、学校事務はやりがいも大きく単なる事務仕事とは一線を画す仕事でもあります。意外と知られていない学校事務の求人の仕事内容についてご紹介します。

学校の運営に欠かせない学校事務の仕事内容

学校事務とは、学校の運営に関するあらゆる事務手続きを行う仕事です。活躍の場は、小学校、中学校、高校、大学、専門学校など、学校ならどんな場所でも需要があります。学校の規模によって仕事内容は異なりますが、基本的には運営に関する事務や管理を行います。 たとえば、生徒の各種証明書の発行や施設管理、備品の発注、職員の給与計算などは学校事務の代表的な仕事です。事務の仕事ではありますが、総務や経理に近い仕事を担うこともよくあります。また、学校説明会や入学試験など、学校のイベントに関する運営も仕事の一つです。教職員と連携して、学校内外の様々なイベント業務を円滑に運営するために、学校事務の力は欠かせません。大学や専門学校に勤務する学校事務は、就職支援の業務にあたることもあります。 学校の規模によって学校事務の職員の数も異なりますが、一般的には複数の職員が勤務しています。ただ、小さな学校の場合は学校事務が少数もしくは一人という事もあり、その分より幅広い仕事を担当します。

学校事務の求人に役立つ資格

学校事務になるために特に必要な資格はありませんが、採用にはそれぞれの学校が実施する試験に合格することが必要です。公立校であれば、各自治体による地方公務員採用試験、私立校であればその学校独自の教員採用試験を受験します。 書類作成の業務が多いため、ExcelやWordをある程度使えると重宝されるため、パソコン関係の資格を持っていると役立ちます。ただ、学校事務は事務の仕事の一種ですが、学生や教員、保護者とコミュニケーションを取る場面が多く、一般的な事務職とも異なります。そのため、資格というよりは、コミュニケーション能力やビジネスマナーを身に着けることが重要です。

学校事務の平均年収は?

学校事務の平均年収は30代で500万円から600万円程度といわれています。しかし、学校によって給与は大きく異なるため、勤務地域や雇用形態も重要です。特に、私立学校の職員は学校による給与の差がかなりあります。 基本的には勤続年数と経験によって年収も上がっていくため、人気の私立学校のベテラン学校事務になれば年収1000万円以上になる場合もあります。