宅建の資格は、資格ブームの中でも常に根強い人気を持っています。これを活かした仕事が、宅建事務です。 宅建事務の求人は不動産屋業界の中でも非常に多く、人気の仕事です。これから宅建の取得を目指す方や、宅建を活かした求人探しをしている方のために、宅建事務の求人の仕事内容についてご紹介します。

宅建事務の仕事内容とは?

宅建に関する求人を探すと「宅建士」という表記をよく見かけます。これがいわゆる宅建事務の業務です。 宅建事務は、一般事務とは違い不動産に特化した事務のため、不動産に関する事務仕事を担います。 たとえば、日々更新される物件情報のデータ入力や更新を行ったり、物件の案内用の資料の作成を行います。間取り図の作成などの書類作成や、データ入力などの事務仕事は、基本的に宅建事務の担当です。また、時にはご来店されたお客様の接客や電話対応を行う場合もあります。 職場の規模によっては、事務以外の仕事を行う場合も多いです。ホームページに掲載される物件写真の調整や管理、ホームページの更新、時には経理も行う場合があります。このように、宅建事務の仕事は非常に広範囲に及んでいます。 数ある宅建事務の仕事の中でも最も大切なのが、重要事項説明の読み上げや契約書類の作成です。この仕事は、宅建を保持している者が行う業務と定められており、宅建所持者しかできない仕事です。

宅建事務の平均年収は?

宅建事務の平均年収は500万円前後といわれています。しかし、実際は年収が200万円台の方もいるなど、年収の幅が広いのが特徴です。 平均年収で考えるとなかなかの高収入ですが、実際はそうではなかったというケースもよくあります。これは、宅建事務の収入を決める要素が、会社の規模や経験以外に、働く地域の不動産価格が影響してくるからです。 不動産屋は仲介手数料で利益をあげていますが、実は仲介手数料の額は、上限が決められています。そのため、物件の取引額が大きければ大きいほど会社の利益が上がり、年収にも反映されます。 つまり、同じ都内でも、不動産の評価額が高い都心や高級住宅街にある不動産屋に努めている方が、平均年収は高い傾向にあります。

宅建事務になるのに必要な資格は?

宅建事務になるには、まず宅建を持っていなくてはなりません。それ以外には特に求められる資格はありませんが、不動産関連やパソコン関連の資格を持っていると、宅建事務の求人に応募する際にアピールすることができるでしょう。