医療事務は、事務職の中でも病院やクリニックで働く仕事です。安定して長く働けると人気の高い職業で、需要も多くあります。医療事務の仕事内容はどのようなものか、必要な資格や平均年収も併せてご紹介します。

医療事務の仕事内容とは

医療事務は、一般企業ではなく病院やクリニックで医療に関する事務や経理を行うのが主な仕事内容です。一般事務とは違い、医療的な手続きを専門とするため、医療に関する特別な知識が求められます。勤務先の規模によっても仕事内容は異なりますが、基本的には受付業務、レセプト作成業務がメインの仕事となります。 受付業務は、病院の受付で患者さんの応対をする仕事です。診療申込書を書いてもらい、保険証や診察券を確認して、次回の予約の手続きなどを行います。普段自分が病院に行くとき、窓口で対応してくれる係の方の仕事が、一般的な医療事務です。入院施設がある総合病院などでは、入院手続きなどの仕事や、患者さんと医師、看護師を繋ぐパイプ役としての業務もあります。 レセプト作成業務は、医療事務ならではの特殊な業務です。レセプトとは「診療報酬明細書」の別名で、患者さんの医療費を医療保険制度に基づいて算出します。医療費はすべて点数化されており、カルテを見ながらパソコンに点数を入力して、医療費を算出します。カルテの内容や診療報酬についての知識が必要なため、医療事務は他の事務職とは違い、医療に特化した専門的な業務です。

医療事務に必要な資格

実は、医療事務の就職に特別な資格は必要ありません。専門学校や通信教育で医療事務の勉強ができますが、実は資格の有無で待遇が変わる事はないのです。 ただ、この仕事を目指す方はほとんど医療事務に関する何らかの資格や経験を持っている方が多いので、やはり取得しておいた方が有利でしょう。 その他にも、書類作成などに役立つパソコンスキルに関する検定などがあると、就職の際のアピールポイントになります。 どちらかというと、医療事務に関する能力より、そうした別の能力をアピールする方が目立つかもしれません。

医療事務の平均年収は?

医療事務の平均年収には、250万円から350万円未満とされています。しかし、地域によって差があり、地方では年収180万円から250万円程度のこともあります。基本的には、町のクリニックより、大学病院や総合病院の医療事務の方が平均年収は高い傾向にあります。ただ、その分求められることも多いので、自分の働き方に合わせて医療事務の求人を選ぶのがおすすめです。